社内ナレッジの喪失がもたらす ”ベンダー“ロックインのマイナス面とは

日本の企業ITインフラは、設計から製品調達、保守運用まで一括で請け負いしてくれるSIerなどの外部ベンダーによって支えられてきました。

ファシリティからアプリケーションまで総合的システムの知識が問われるため、その運用を外部ベンダーに委ね続けた結果、自社では何も判断できない状態に陥ってしまうことも少なくはありません。

本ホワイトペーパーでは、ベンダーロックインがもたらす負の側面と、解決策としての「教育」について取り上げました。

社内IT担当者、インフラエンジニアの方々は是非ご覧ください。


ダウンロード

ダウンロードには、ログイン/会員登録が必要です