GoogleクラウドはKubernetesオンプレミス版を備えたハイブリッドクラウドを目指す

GoogleのイベントでVMware vSphereクラスタ上で動くGKEを実演

Googleクラウドは、今週、Google Kubernetes Engine(以下、GKE)のオンプレミス版を発表しました。自分たちのペースでシステムを現代化したいと考えている企業を惹きつけることが目的です。

GKEはGoogleクラウド上でコンテナを管理する中核的サービスです。Googleによると、その最新版では、各企業は自社のデータセンターで同等の能力と体験が得られるそうです。

GKE On-Prem

GKE On-Premは、Googleクラウドプラットフォーム(GCP)コンソールから操作できるクラウド版と遜色なく機能し、企業が同じ環境内で統合できるようにします。

GKE On-Premは、GCP Marketplaceもサポートします。最近Kubernetesベースのアプリケーションに対応し始めました。

Googleが言うには、GKE On-Premによって企業は、自社のアプリケーションを「クラウド対応」に設計する一方で、アプリケーションをごく近くで管理すると言う選択肢を得ることになります。これらはGoogleクラウドに最小限の手間で移行でき、同等の操作スキルで管理することが可能です。

「コードを現代化しようとも、新たなマイクロサービスを書こうとも、展開方法、セキュリティを確保する方法、監査する方法はひとつです。いずれにしても、サービスを監視・管理するのはGKE上では同じやり方で良いのです」とGoogleの技術インフラ部門のシニアVP、U・ヘルツル氏は語ります。

ハイブリッドクラウド時代

「我々は オンプレミス とクラウドの間にある二元的な誤りを終わらせます」とヘルツル氏は語り、一貫したハイブリッドプラットフォームがビジネスにとって自然な選択肢だと主張しました。

Googleの ハイブリッドクラウド 戦略は真新しいものではありません。そしてMicrosoftはAzure Stackにより場で確かに先を行っています。Azure Stackは、Azureのサービスや機能をオンプレミスに拡張させることで、企業がエッジもしくはハイブリッドクラウド設備を展開できるように設計されました。実際に、先月のCeBITにおいて、中国のエレクトロニクス大手であるHuaweiは、Azure Stack向けに設計・検証されたハイブリッドクラウドを発表しました。

Googleがハイブリッドクラウドを採用することで、マーケットリーダーであるAWSは3強の中で、唯一「クラウド一本」戦略に執着するパブリッククラウド事業者になりました。興味深いことに、GKE On-Premの発表時、GoogleはこれをVMware vSphereクラスタ上で作動させていました。つまり、Googleはエンタープライズ・データセンターを見据えていると明白に示したのです。

GKE On-Premは、秋にも初期顧客に対してテスト可能になる見込みです。

– Data Center Dynamics
原文はこちら