Microsoft、Azure GovernmentのAzure Stackをリリース

同じソフトウェアとツールを使用するアメリカの政府機関がハイブリッドワークロードを実行できるようにする

Microsoftは、米国のAzure GovernmentサービスにAzure Stackを追加しました。Azure Stackは連邦政府機関に専用クラウドインフラを使用してワークロードをホストできる可能性を与え、残りは自ら選択した場所を提供します。

政府機関には遅延、接続性、コンプライアンスの点で特別なニーズがあります。MicrosoftのAzure Stackプログラムディレクター、N・マッケビシウス氏はブログの記事でこう説明しました。これはオンプレミスのインフラでしか実現できません。

オッズの積み重ね

また、エッジの最新動向について触れていないデータセンターの発表は価値がないと見ているため、マッケビウス氏は、このサービスにより、ユーザーは「コアと高度クラウドサービスをユーザーが必要とする場所にもたらします」とも指摘しています。

どんな使用例であっても、このサービスを導入することで、Microsoftはどのライバル企業よりも米国政府の収入を増やすことができます。他のどの企業も米国政府にオンプレミスのインフラを提供してはいません。

収益性の高い公共事業ビジネスの受注を追っかけることが、同社の近年の戦略の明確な要素となっています。2014年に政府向けクラウドが導入された後、Microsoftは米軍、防衛産業請負業者や政府機関向けの専用サービスを開始しました。もちろん、国防総省のセキュリティチェックを受けています。

同社はまた、ペンタゴンの100億ドル規模のJEDI(Joint Enterprise Defense Infrastructure)クラウドの受注を争っています。これは、専用クラウドシステムを使用して世界中に展開する米国の防衛施設にこのクラウドサービスを提供するものです。しかし、ライバル企業と世界トップクラスのクラウド事業者AWSに注文は行きそうです。

– Data Center Dynamics
原文はこちら