Amazon、ダブリン郊外のタラトデータセンターが承認を受ける

しかし、この地域のデータセンター数や電力網の収容能力については懸念が残る

Amazonがダブリン郊外タラトに計画している面積8,175平方メートルの最新ダブリンデータセンターにGOサインが出ました。このデータセンターは、以前、物流会社の施設であったAmazon Web Servicesの施設に隣接しています。

光と影

タラト地域評議会はこのデータセンターを歓迎しましたが、同評議会のG.ストックヒル氏は、昨年、南ダブリン郡議会で「今の段階で、ある特定の地域に、過度に一極集中する可能性があると懸念を提起することが賢明」と発表しました。
評議会議長のストックヒル氏は、「タラトには大量雇用を生む産業開発が必要です。将来、タラトの一等地のすべてが低雇用事業に与えられるべきではない」と述べています。

アイルランドでは、データセンターの電力網への影響が特に懸念されています。95%国営エネルギー企業であるESBは最近、「電力を必要とするデータセンター向けのアプリケーション計画は準備万端」と声明を出しましたが、ESBネットワークにとっていくつかの課題を抱えています。

広報担当者は、昨年、次のように述べています。「ダブリンの現在の負荷は約1,200メガボルトアンペア(MVA)で、過去90年間に拡大しました。また、約1,400 MVAがデータセンター向けアプリケーションや電車用に準備されています」

結果として、1社はガス発電のデータセンターを追求しています。Microsoftは、自社データセンター用に18MWのガス発電所をクロンダルキンのグランジ・キャッスル・ビジネスパークに開設しました。

アセルニーの技術者ダーリー氏は、昨年、ダブリン北部の12億ドルのAWSデータセンタープロジェクトに反対しました。電力網が主要な開発をサポートできないと主張しています。

1月、地方当局の計画決定に関する事項を規制する機関は、この控訴を棄却しました。

アイルランドは今後のデータセンタープロジェクトへのアプローチを変えています。地元メディアが報じるところによると、地方政府を経由するのではなく、州レベルの計画委員会が申請書を直接処理することになるそうです。

しかし、Appleがゴールウェイに計画している大規模データセンタープロジェクトにとっては遅すぎるでしょう。ダーリー氏からの訴訟を含む複数の訴訟が原因で、この計画は約3年遅れました。

アイルランド首相は、その後、Appleに施設の建設工事再開のために何かをすることを約束しています。

– Data Center Dynamics
原文はこちら