Google Cloud Platform、オレゴン州での利用可能エリアを拡大

オレゴン地域で、より多くのサービスを利用可能に

Googleは米国オレゴン州地域に新たな利用可能なゾーンを追加しました。この地域では、 CloudSQL と地域管理対象グループ(MIG)という2つの新しいサービスも利用可能になりました。
CloudSQLは、PostgreSQLをサポートするマネージドサービスプラットフォームであり、MIGは仮想マシンを複数のゾーンに分散させ、2月のAWSの米国東1地域に被害を与えた停電のようなことが発生した場合のダウンタイムを回避します。

地域 > ゾーン > 拠点

追加領域は待ち時間を削減してGCP上の顧客の稼働ワークロードの助けになりますが、各領域はワークロードがホストされている場所を定義する可用性ゾーンに分化されています。これは、サービスの中断や停電を避けるために、顧客が複数の地域やゾーンにリソースを分散できることを意味します。また、地域固有のサービスもあれば、ゾーン固有のサービスもあります。
GCPは最近、モントリオール、カリフォルニア、オランダに3つの新しい地域を創設する計画を発表しバージニア州北部に地域を立ち上げました。
23ゾーン、世界各地100拠点を含む既存の8地区に加えて、今年は、ムンバイ、シンガポール、ロンドン、シドニー、サンパウロ、フランクフルト、詳細不明ではあるがフィンランドの拠点を拡張する計画です。
Googleのクラウドプラットフォームは、AmazonがWebサービスを初めて発表して5年後の2011年に開始されて以来、勢いを増しています。 4月に発表されたSynergy Researchの報告によると、GCPは、AWS、Microsoft、IBMの市場シェアよりも大幅に低い市場シェアを維持しながらも、前年比で50%の売上成長を達成しました。それにもかかわらず、同社のシニアバイスプレジデント・Diane Green氏は、Googleクラウドが今後5年間で世界最大のIaaSプロバイダになることを期待しています。

– Data Center Dynamics
原文はこちら