Google Cloud、ソウルとソルトレイクシティの新リージョンを発表

2019年4月、サンフランシスコで開催されたGoogle Cloud Nextの基調講演で、同社のCEOであるSunder Pichai氏は新たにGoogle Cloudの リージョン を2箇所開設すると発表しました。

1つは、米国のユタ州ソルトレイクシティ、もう1つは韓国のソウルです。それぞれのリージョンは高い信頼性を保つために、独立した3つの ゾーン から形成されることになります。

ユーザーは、2020年初旬にはソウルのリージョンを利用し始めることが可能です。ソルトレイクシティのリージョンは、2020年後半から使用可能になると予想されています。

Sundar Pichai at Google Cloud Next 2019– Google Cloud

新リージョンの登場により、2020年には世界のGCPリージョンの総数は23箇所になります。また、そのうち15箇所は、ここ3年間で開設されたものです。

ソルトレイクシティを加えると米国本土のGoogle Cloudリージョンの合計数は6になります。今月2月に、同社は全米で年間130億ドルを要する建設計画を発表しました。この計画にはネブラスカ州、ネバダ州、オハイオ州の新しいデータセンターと、数箇所の既存施設の拡張が含まれています。

ソウルはオーストラリア、香港、インド、日本、シンガポール、台湾、そして開設予定のインドネシアに続く、急成長中のアジア太平洋地域(APAC)におけるGoogle Cloudの8番目のGCPリージョンになります。インドネシアや香港のリージョンと同様に、Googleが建設した施設ではなく、既存のデータセンター内に配置されます。

APACのその他の地域では、Googleは地元のクラウドプロバイダと提携し、中国市場への参入を図っているとの噂が報じられています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です