Google、クラウド上でIBM Power Systemsを提供

Googleはクラウド上でIBMハードウェアをホストするためにIBMと提携しました。

これまでIBM Power Systemsでワークロードを実行するユーザは、基盤がPowerサーバをサポートしていなかった為、Google Cloudへの移行ができませんでした。実際クラウド上でPowerシステムをサポートしていた唯一のメジャーベンダーはIBMだけでした。

今回の提携により、ユーザはアプリケーションやインフラの再設計をせずに、ワークロードをGoogle Cloudへ移行できるようになります。

Google CloudのコーポレートVP を務めるKevin Ichhpurani氏は次のようにコメントしています。「既存インフラの最新化や、ビジネスプロセスの合理化の目的でクラウドを検討している企業には現在多くの選択肢がある。」

「企業はクラウドを採用し、レガシーシステム全体の再構築を行おうとしている。しかし多くの企業は、クラウドの柔軟な利用形態、スケーラビリティ、およびAI、機械学習、分析機能などの進化の恩恵を受けつつも、既存インフラを継続的に活用したいと考えている。」

クラウドの競合

既にIBMは、レガシーリソースを同社が提供するクラウド基盤へ移行できるオプションサービスを提供しています。しかしながら今回の提携は、IBMが、クラウドビジネスにおける競合の一社であるGoogleと効果的に連携する、ということを意味します。

Googleの発表は次のような内容です。「その性能やミッションクリティカルなワークロードに対するサポート能力…IBM Power Systems for Google Cloudは、まさにそのための道筋を提供し、クラウドとオンプレミス環境それぞれの最善を提供します。」

「今後ユーザはGoogle Cloudが提供する全ての機能や経済性を活用しつつも、IBM Powerサーバ上でSAPやOracleなどのエンタープライズ・ワークロードを実行できるようになります。」

イメージ図 – shutterstock

Googleは以前、社内向けサービスではPowerプロセッサを使用していましたが、クラウド基盤では使用していませんでした。

Data Center Dynamics

原文はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください