Googleが香港にクラウドリージョンを開設

ローカルビジネスにGoogleクラウドへの快適なアクセスを

Googleは今週香港に6番目のアジア太平洋(APAC)リージョンを開設し、香港および東南アジア諸国の企業へのスピーディーなアクセスを約束した。この開設は2017年11月に初めて発表されたものだ。

今回の開設は、Googleクラウドのマネージャー、K.Tropin氏がブログで発表した。「企業向け香港リージョンを正式に開設する。世界で18番目となるこの新たなリージョンによって、香港や東南アジア諸国の企業も大規模な多国籍企業も、データやアプリケーションにより短時間でアクセスできるようになるだろう」

もっと高い可用性を!

「asia-east2」として知られる香港のGCPリージョンは、Availability zone3つを設けて、顧客がより高い可用性を得られるzoneにワークロードやストレージを分配できるようにしている。

Tropin氏は、Googleクラウドがここ18ヶ月間でアジア太平洋地域におけるGoogleクラウドプラットフォーム(GCP)リージョンの数を3カ所から6カ所へと拡大したとしている。氏によると、新たなリージョンではアプリケーションにより香港のエンドユーザーは最大14msのレイテンシの改善を得られる。その一方では、ベトナムやフィリピンのユーザーは25~30%のレイテンシ改善の恩恵を受ける。

他のトップクラウド事業者同様、Googleは着実に影響力を拡大しアジア太平洋地域の既存施設を強化している。8月、Googleはサービスに対する需要の増加に対応するため、キャパシティの拡大計画の一環としてシンガポールに第3のデータセンターを建設していると発表した。

同ブログ上で、Tropin氏はまた先月初めて言及されたインドネシアに開設予定のGCPリージョンに関する追加情報についても述べている。インドネシアのGCPリージョンは2020年、ジャカルタに開設する。Tropin氏は、ジャカルタリージョンの可用性を高めるため3つのAvailability zoneを開設する計画を明らかにした。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です