Google Stadiaクラウドゲームストリーミングが11月、14か国に配信開始

Games-as-a-Service

Googleのクラウドベースのゲームストリーミングサービスが今年の11月に開始されます。

Stadiaは、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、アイルランド、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、アメリカ、イギリスに進出し、来年はさらに地域を拡大する予定です。

もっと光ファイバーが必要に

このサービス( Stadia )は、ユーザーが一律料金を支払えばすべてのコンテンツにアクセスできるといった「Netflix-of-games」のようなサービスになる予定はありません。代わりに2種類のプランが提供される予定です。無料の ‘Base’バージョン(2020年に発売予定)と、月額$ 10の ‘Pro’バージョンです。

Pro版は不定数の「無料」ゲームを「定期的に」提供しますが、いずれのバージョンとも追加のプレイ費用が必要なゲームを販売します。

Pro版は4Kまでの解像度でゲームをストリーミングしますが、Baseは1080pまでの制限があります。

デバイス経由ではなくWiFi経由でデータセンターに直接接続するStadiaコントローラの場合は70ドル、あるいは コントローラーや Chromecast Ultra、そして3ヶ月のStadia Pro(他の誰かにシェアすることで更に3ヶ月 )を含む 「 Founder’s Edition (ファウンダー版)」は130ドルでの販売となります。

Destiny 2Metro ExodusBaldur’s Gate 3を含む少なくとも31のゲームからローンチが開始されます。

Stadiaがリリースされるまでには、おそらく他のいくつかのクラウドゲームサービスも加わると思われます。

Amazonは、独自のゲーム開発スタジオであるTwitchストリーミングと世界最大のクラウドサービスを所有しており、独自のサービスを開発していると噂されています。

– Google

Microsoftは昨年、Project xCloud (4台分のXbox Oneコンソールの内部コンポーネントを持つカスタムブレードサーバー ) と 関連するデータセンターのインフラストラクチャを発表しました。同社は今週、業界のE3 イベント で詳細を発表する予定です。

Sony PlayStationはすでに限定的なクラウドゲームサービスを提供していますが、広大なクラウド基盤を欠いています。先月明らかにしたところによれば、Microsoft Azure基盤上でのサービス提供に向けての覚書に署名しました。

より小さなアプローチもあります。 GPUメーカーのNvidiaはGeForce Nowを提供、フランスのクラウドゲームのスタートアップであるBlade社はEquinixデータセンターから Shadowと呼ばれるサービスを発信しています。ビデオゲーム開発会社であるエレクトロニックアーツ社も、独自の次期ストリーミングプラットフォームであるプロジェクトアトラスを発表しました。一方、ベライゾン社も独自のサービスを開発していると噂されています。

Data Center Dynamics

原文はこちら