IBM、新たに4つのデータセンターを米国内で開設

IBMは先日、米国内において4つのデータセンターを開設したと発表しました。これにより、合計22のDCを国内で運用することになります。
米IBMが先週公表した17’1Q決算では、全体の売上は前年比マイナスだったものの、クラウド事業は33%成長しています。「IoT、ビッグデータ、コグニティブソサイエティの到来に向けたインフラ投資を今後もしていく」とクラウドインフラ事業部のJohn Considine氏が語りました。

– Data Center Dynamics

原文はこちら

—–以下、全訳—-
IBMアメリカに新たに4つのデータセンター開設:
IBMはアメリカに新しい4つのクラウドデータセンターを開設した。ダラスとテキサスに1つずつそして、ワシントンD.C.に2つである。IBMは現在アメリカに22個そして世界には55個以上のデータセンターを扱っている。

<インフラ投資>
IBMのクラウドインフラの部長であるJohn Considine氏は、「IBMは多額な投資をして、2017年にグローバルクラウドデータセンターを拡大し、企業がコングニティブ・コンピューティングや大規模なデータ、ブロックチェーン、そしてIoTワークロードを運営するのに必要なインフラの提供をする」という。
IBMの世界的なクラウドフットプリントは、いつでもどこでも複雑なワークロードを実行できる柔軟性と規模を企業に提供する。
他の地域では、IBMはイギリスの銀行グループ、Lloydsから2つのデータセンターを買うことができるだろう。また、IBMはクラウドデータセンターで米軍とも働いている。さらにDalian Wandaと協力し中国でのクラウドサービスも手がけている。
IBMは今月初めの四半期決算発表でクラウドサービスからの収入が前年同期に比べて33%増加しており、総クラウド収入は昨年を超えて146億ドルに達した。