IBMがRed Hatを340億ドルで買収

IBMは、エンタープライズ・オープンソースのクラウド・ソフトウェア・ソリューション企業Red Hatを約340億ドルで買収する計画です。
両社は、現金で1株当たり、買収前の価格116ドルから190ドルでレッドハットの発行済みおよび発行済普通株式のすべてを取得するという条件で最終合意に達しました。
IBMは、現金と掛け金の組み合わせで取引を調達し、2020年と2021年に株式買戻しを中断し、買収のための支払いを支援します。

買収は、両社の取締役会にて承認を得ており、今後はレッドハットの株主承認、規制当局の承認を経て、慣習的な決算条件に従いながら2019年後半には終了する見込みです。Red Hatは、IBMの ハイブリッドクラウド チームとは別部門として設立され、現在の経営陣と本部、施設、ブランド、慣行も維持される予定です。

メインフレーム企業のオープンソース化

IBMの会長兼最高経営責任者、ギニー・ロメティ氏は、「レッドハットの買収は世界を大きく変える出来事であり、クラウド市場のすべてを変える」と述べました。
「IBMは、世界一の ハイブリッドクラウド ・プロバイダーになり、クラウドの価値を最大限に引き出す唯一のオープン・クラウド・ソリューションを企業に提供します。今日、多くの企業はコスト削減のためにコンピューターを使っているが、クラウドを上手に活用できている例はわずか20%程度でしかありません。残りの80%へ、真のビジネス価値を生み出し、成長を促進させることが、クラウドの次の使命となります」

Red Hatの社長兼CEOであるJim Whitehurstは、
「現代のITソリューションでは、オープンソースが普通の選択肢であり、Red Hatがこれまで社会へと果たしてきた役割をとても誇りに思っています。オープンソースの影響を加速して、デジタル変換の基盤を強化し、さらにユニークな文化とオープンソースのイノベーションへの確固たるコミットメントを維持しながら、Red Hatをより多くのオーディエンスに知ってもらうために、より大きな規模、リソース、能力を提供します。」
と語りました。

IBMは、Red Hatのオープン・ガバナンス、オープン・ソースの貢献、オープンソース・コミュニティや開発モデルへの参加、そして開発者のエコシステムの育成に力を入れると発表しました。また、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud、Alibabaなど、主要クラウドプロバイダやIBM CloudなどのRed Hatパートナーシップの構築と強化を継続していく意思もあるようです。
同様に、Linux、コンテナ、Kubernetes、マルチクラウド管理、クラウド管理と自動化にまたがるサービスは今後も継続する予定である。

「IBMは本格的なマルチクラウド・プロバイダーであり、複数のクラウド間でRed Hatテクノロジーの使用を優先させます。そうすることで、IBMはオープンソース・テクノロジーをどこでも実行できるようにサポートし、世界中の商業的な環境で大幅に拡張することが可能になる。」とIBM Hybrid CloudのSVP、Arvind Krishna氏は語ります。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です