IBMの340億ドルのRed Hat買収が完了

IBMは、エンタープライズオープンソースクラウドソフトウェアソリューション企業のRed Hatの340億ドル(約3.7兆円)規模の買収を完了しました。

買収は昨年末に発表され、IBMの100年以上の歴史の中で最大の取引になります。

メインフレームは永遠には続かない

Red HatはIBMの ハイブリッドクラウド 部門の1ユニットとなり、同社のCEOであるJim Whitehurst氏はIBMの上級管理部門に加わり、IBMのCEOであるGinni Rometty氏の部下となります。

買収後も、Red Hatのブランド、オフィス、業務は維持するとIBMは述べています。

IBMの会長、最高経営責任者兼CEOであるGinni Rometty氏は、「Red Hatの買収はゲームチェンジャーです。クラウド市場のすべてを変えていきます。」と昨年10月に述べていました。

「IBMは世界一のハイブリッドクラウドプロバイダーとなり、クラウドの価値を最大限に引き出すことができる唯一のオープンクラウドソリューションを企業に提供します。今日、多くの企業におけるクラウド化への道のりはわずか20%程度です。残りの80%は、真のビジネス価値の解放と成長の促進です。これがクラウドの次章の始まりです。」

– Flickr

この買収は、1,700人の従業員の解雇を進めており、前年同期比で3四半期連続で減収となっているIBMにとって大きな賭けです。同社は、契約の資金調達を支援するために債券市場に目を向けてます。合併後の企業は600億ドル(約6.5兆円)の負債を抱えると見られています。

同社が計画している事業再生と借金返済の鍵は、そのハイブリッドクラウド戦略です。RedHatは、Amazon Web Service (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、Alibabaなど大手クラウドプロバイダを含めたパートナーシップの構築と拡大を継続する予定です。 」

Rometty氏の指揮になってから、IBMは古いビジネスセグメントを減らしつつ、クラウドビジネスの構築を試みています。2019年第1四半期までの12か月間で、同社のクラウド収益は190億ドルを超えました。

Data Center Dynamics

原文はこちら