Microsoftのクラウドが予想を超える早さで増収

200億ドルの目標に近づく

Microsoftは、2017年度第4四半期に、クラウドベースの製品とサービスの急速な普及により、全体的な収益を増加させました。同社によると、第2四半期の売上高は非GAAPベースで247億ドル、純利益は70億ドルとトムソン・ロイターの予想を上回っています。
この数字の一部として、インテリジェントクラウド部門の収益は前四半期以来11%増加しました。これは、Microsoftのクラウドビジネスの年換算収益率が、現在180億ドルを超えていることを意味します。目標200億ドルにはあと少しです。

クラウドよ、永遠に

ナデラ氏のリーダーシップの下、2014年にMicrosoftは従来のソフトウェアビジネスから、「モバイル第1主義、クラウド第1主義」アプローチに舵を切りました。
モバイル部門は実際にはうまく行きませんでしたが、ノキア社のスマートフォン事業の終焉には影響を与えた、とも言えなくもありません。携帯端末でのWindows 8のサポートは7月に正式終了し、業績発表では携帯端末からの収益は「重要ではない」と説明されました。

一方、クラウドは賢明な投資であることが証明されています。合計36の地域(それぞれ複数のデータセンターがあります)ではMicrosoftアジュールサービスを提供しており、9月にはAzureスタックサービスの開始予定など事業を拡大しています。

「我々のクラウド・プラットフォーム革新は、今四半期に大きな成果を上げました」とナデラ氏は述べています。「現在のようなインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの時代に、自社のデジタル転換を加速し、新しい機会を捉えるために、お客様は、Microsoftと成長中のパートナーのエコシステムに関心を寄せています」

過去四半期に好調だった部門は、生産性とビジネスプロセス事業部でした。 Office365とLinkedInを担当するこの事業部門は、売上高を21%増やして84億ドルを達成しました。一方、Windows、Surfaceハードウェア、検索サービス、ゲームなどを担当するモアパーソナルコンピューティング・カテゴリでは、四半期売上高が2%減少しました。
第4四半期には、Microsoftが株の買戻しおよび配当で株主に46億ドルを還元したことが分かりました。

-Data Center Dynamics
原文はこちら