OVH、クラウドの世界展開を視野にブランド名変更

フランスのOVHはOVHcloudにブランド名を変更し、米国や中国のプロバイダーに代わる唯一のヨーロッパのクラウドプロバイダーとして、世界的な事業展開の野望を発表しました。

OVHは、世界中の各所で、独自のデータセンター内の独自のハードウェアから配信される Kubernetes 、 OpenStack 、およびVMwareをベースにしたクラウドサービスを長年にわたって提供してきました。パリで開催された20周年記念サミット会議で発表された新しいブランドにおいては、他のプロバイダーよりも高いプライバシーを提供できるという主張をより前面に押し出し、活用していくつもりです。

このサミットには、フランスのデジタルエコノミー国務大臣の Cédric O 氏、および現在OVHcloudをクラウドパートナーとして扱う大手 ITコンサルタント企業の仏Cap Gemini社、および Deloitte社 などが賛同しています。

OVHcloudのオープン性を強調

「私たちはクラウド企業です。」と、2018年にOVHのCEOに任命された Michael Paulin氏は述べています。「当社の収益の70%以上は、ベアメタル、 パブリッククラウドプライベートクラウド を含むクラウドサービスで上げています。」

OVHcloudは、ヨーロッパで唯一のメジャーなクラウドプロバイダーであると彼は言い、次のように続けました。「他は皆米国あるいは中国からであり、そして日本から1社です。私たちは4大陸に渡り展開し世界的な存在感を持つヨーロッパ発のクラウドプロバイダーです。我々は独自のネットワークとデータセンターを保有しています。我々は独自のデータセンターとサーバーを構築しています。」

同社は、VMwareがパブリッククラウドサービス事業に失敗した2017年に買収したVMwareのパブリッククラウド子会社であったvCloud Airを部分的に基盤とする米国子会社を保有しています。OVHはVMwareを使用して、ホストされたプライベートクラウドを提供しています。

Michael Paulin, OVH CEO– Peter Judge/DCD

OVHcloudの米国部門は、米国当局に対しクラウドデータへのアクセスを許可する 米国CLOUD法(※ 2018 年 3 月 23 日に可決された米国議会が海外のデータの合法的使用を明確化する法案)に署名しているが、それ以外のOVHcloudとは別に構成されているとPaulin氏は言い、つまり、カナダ、ヨーロッパ、アジア拠点から配信される OVHcloud サービスについては批判の対象にはならないとしています。

「CLOUD法により、ある国が世界中の企業のデータにアクセスできるようになった。」とPaulin氏は述べています。「それは顧客にサービスを提供しますか?」OVHcloudのオープン性を強調して、同社はCLOUD法に縛られない強力な世界規模のクラウドを提供できると約束しました。(あるいは、必要に応じて、 CLOUD法を通じその内部で運用することもあるが)

OVHcloudは、独自のハードウェアを作り続け、買収ではない方法で エコシステム を構築し続けます。「欧州のニーズに対する答えは、一枚岩の競合他社と競争するためのパートナー企業とのエコシステムです。」

OVHcloudのO

フランスのデジタルエコノミー国務大臣の Cédric O 氏 は、OVHcloudの戦略を支持し、サミットで登壇しました。「私たちは今、米国や中国との間で非常に激しいグローバル競争にさらされているそして、フランスはこのテクノロジーへの対応をスピードアップする必要がある。」 と彼は演説しました 。

O氏は、スマホからSNSに至るアプリケーションや技術の多くは米国や中国発であり、ヨーロッパ人は現在では米国や中国の価値観の下で事業を行うことを余儀なくされているが、テクノロジーのリーディング企業は必ずしも信頼できるとは限らない、と警告しています。

「テック大手企業の頭にいる人々は合理的ではない。」と彼は続けます。「合理的であることで成功することはできないからだ。我々は真のヨーロッパのエコシステムを必要としている。首を絞められたくないのなら、一社で事業を進めることはできない。」

French minister for the Digital Economy, Cedric O– Peter Judge / DCD

技術面では、OVHcloudはベアメタルの Kubernetes サービスの提供と、VMwareの software-defined data center (SDDC)プロダクトセットの実装は他のプレーヤーより高度である、と発表をしていました。

OVHの創設者である Octave Klaba氏は、依然会社に対し非常に実践的です。彼は最近、米国子会社の文化をフランスの親会社に統合しました。「ヨーロッパとアメリカとの文化のことを言っているのでははない」と彼は言います。ヨーロッパ、少なくともOVHcloudの文化はすべて「情熱と信頼」に基づくものであると。

Data Center Dynamics

原文はこちら