AlibabaとSAP、クラウドサービスの充実に向けて提携

AlibabaとSAPは今週、Alibaba Cloudのインフラストラクチャを使用して、中国でSAP Business Suite 4 SAP HANA(S/4HANA)とSAP Cloud Platformを提供する計画を発表しました。
今回の発表は、今週中国の杭州で開催されたAlibaba Cloud Summitで行われました。

今後、Alibaba Cloudのユーザーは、SAPクラウドプラットフォームを導入することで、新しいアプリケーションの構築や、外部サービスの導入など、今以上のビジネスソリューションを展開することが可能となります。

新しい友達

SAP CEO Bill McDermott at Alibaba’s Computing Conference 2018 (Source: Alibaba)

S/4HANAは、SAPが提供するデータベースシステム上に構築されるものであり、SAP Cloud Platformは、インメモリデータベースとエンタープライズアプリケーションプラットフォームを提供するPaaS(Platform-as-a-Service)です。

SAPのCEOであるBill McDermott氏は、今回の契約が発表された基調講演で、同社の中国における大幅な成長に熱意を示し、SAPとAlibabaのパートナーシップが地元企業の競争力強化にもつながると指摘しました。

「今回の提携は、中国や世界各地の企業に成長革命をもたらすでしょう。成長する能力が、はるかに大きいからです。信じられないようなシンプルさ、使いやすさ、美しさが実現します。」とMcDermott氏は語りました。

Alibaba GroupのCEO、Daniel Zhang氏は、次のように述べています。
「SAPの世界的に有名なERPシステムS / 4HANA Cloud on Alibaba Cloudは、グローバリゼーション戦略の一つのマイルストーンです。私たちはこれまでSAPと密接な協力関係を結んでおり、パートナーシップを拡大することを非常に楽しみにしています。」

契約の一環として、SAPはAlibaba Cloudの技術を引き続き採用し、Alibabaは独自のビジネスモデルを推進するためにS / 4HANAソフトウェアを採用する予定です。両社は、人工知能、IoT、デジタル小売および製造に関する分野でのさらなる協力関係を模索する予定です。

Gartner社の調査では、laaS事業者として世界トップ3のうちの1社に数えられています。
6月にSynergy Research Groupが発行した報告書によると、Alibabaクラウドは中国での支配的地位を占めているだけでなく、アジア太平洋地域においても、laaS・SaaSの両方で第2位のシェアを占めており、各地域に自社のデータセンターも建設を進めています。

<関連記事を読む>
Alibabaクラウドはグローバルステージへ(2018/8/29)
Alibabaクラウド、Apsara Stackと新プロダクトをリリース(2018/8/21)

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です