2018年のITアウトソーシングトレンド6つ

ITアウトソーシング市場は、主要なサービス事業者の戦略の微調整によって、データセンターの需要と供給に大きな影響を与える可能性があります。この先数か月、市場の特定の部分に影響を与えるかも知れない主なトレンドは以下の通りです:

トレンド:従来型の専属施設が減少

専属施設はなくなるでしょう。なぜなら、原価裁定が徐々になくなって、専属施設で働く全従業員の期待にグローバル企業がどんどん追いつかなくなるからです。これには従業員のキャリア成長や報酬増に関連しています。このような期待は、グローバル企業がよく理解していない地域的および文化的要因の影響を受けます。これは、従業員の高離職率、低生産性、低顧客満足度につながります。

これからも存続するであろうこのモデルは「アウトソーシングパートナーシップ」と呼ばれています。これは既存のデリバリ能力のある実績を備えたITオフショア企業との合弁事業になるでしょう。または、デリバリ業務管理がより厳密な業務提携かも知れません。どちらのモデルでも、オフショアパートナーはキャリア成長と報酬の期待、従業員の計画的人事異動(顧客/プロジェクト替え)に対応できる柔軟性を持つ一方、グローバル企業はデリバリとセキュリティ対策をより厳密に管理します。

トレンド:パートナーシップがますます重要になる

現代の企業には技術の専門知識が求められていますが、スキル不足、高コスト、損耗などにより、見つけたり、保有し続けることが簡単ではなくなってきています。企業には、自分たちのニーズを理解するだけでなく、問題を解決してビジネス目標を達成するために必要なものを予測できるパートナーが必要です。これには、非従来型のアウトソース事業者が必要です。それは、共通の目標を達成するために一丸となって協力し合うチームを構築することで、顧客に投資する人です。

これには、共通の成功を達成するために協力し合う専属チームが必要です。技術的なノウハウがあります。透明性、信頼性、そして「個人的な投資」は新しいアウトソーシング要件のひとつです。

トレンド:加速する新しいテクノロジーの成長

IoTやビットコイン/ブロックチェーンなどの技術トレンドは、ここ数年で急上昇しました。企業がこのような「最先端の」技術空間で成長し競争を続けるにつれて、高度に熟練した開発者の必要性は引き続き高まっています。企業はアウトソース事業者を探すことを検討するでしょう。拡張性のあるソリューションを見つけ、スキルセットを見つけるのが難しい開発チームを構築するためです。IoTとブロックチェーンに加えて、クラウド展開とビッグデータにおける技術手腕に対するニーズは、引き続き、活発なペースで成長するでしょう。

トレンド:企業はコストから価値に関心をシフト

歴史的にコストはITアウトソーシングの大きな要因でした。それは依然として重要な要素として残っていますが、顧客は提供されるサービスの価値にもっと注目しています。これからは、生産性、品質、セキュリティなどの分野が注目されるようになるでしょう。現代の顧客は高度に教育されていて、アウトソーシングに関するあらゆる障害を十分に認識しています。これは、タイムリーなITソリューションの提供に対する必要性と相まって、透明性のある、より高い価値を顧客に提供する必要性が高まっています。その過程で、顧客は付加価値の高いサービスと高品質なサービス事業者にはもっと多くの費用を支払うことになるでしょう。そこには、「サービスコスト」から「サービスの価値」への根本的な関心のシフトがあります。

トレンド:ITスキル不足が増す

2016年に始まり昨年も続く傾向ですが、技術の高いITスタッフの採用はますます難しくなっています。2018年も、この傾向はほぼ確実に続くでしょう。なぜなら、ほとんどのビジネスが一層テクノロジーに牽引されるようになっているか、少なくとも、IT資格者数の増加を求めることができるテクノロジーになりつつあるでしょう。このトレンドの成果の1つは、今まで社員が行っていた追加のIT業務をアウトソースを企業が採用するよう促進したことです。これにより、携帯電話、オープンソース、マイクロソフトのソフトウェア開発スキルなど、このような重要なスキルをアウトソーシング事業者に求める大きな要望となるでしょう。

新しいテクノロジーの専門技術を持つプログラマーの雇用はさらに難しくなり、インフラ/ネットワーク人員も需要が高くなるでしょう。2018年と2019年にかけてアウトソーシングの採用率は大幅に増加するでしょう。増加する人件費とスキル不足によってアウトソーシングパートナーとの業務提携は魅力的になり、多くの組織がITスキル不足に対応しようとするでしょう。

トレンド:「ソフトスキル」の需要が高まる

適切な技術(ハード)スキルを得る必要性は急速に増加する一方、人間(ソフト)スキルの必要性はますます重要になります。コミュニケーションのようなソフトスキル;チームプレーヤーであること;はい、いいえを言うべき時をわきまえていること;リーダーシップをとるべき時を知ることなど、すべて、ITプロジェクトの成功に大きく関わること同じくらい、適切なプログラミングスキルの有無は重要です。未来の余裕のない業務環境には隠れる場所はありません。未来の市場で仕事をするために、開発者は、必要とされるハードとソフト両方のスキルを完全に備える準備ができている必要があります。これこそが顧客の要望になるでしょう。

– Data Center Dynamice
原文はこちら