Zayoグループが英国のファイバーネットワークをアップグレード

ファイバーネットワークを伸長させ、2つの海底通信ケーブルと接続

Zayoグループによるヨーロッパ最大規模のインフラプロジェクトは完成に近づいている。イギリスの長距離輸送ファイバーネットワークが拡大されるようだ。

今回のアップグレードでは、イギリス全土で500kmにもなる同社のケーブル網(リング型)を伸長させるだけでなく、東西両沿岸地域を結ぶ新たなルートを2つ追加することになる。また、イギリスとアイルランドおよびフランスの3者間を結ぶ同社の海底通信ケーブルとも連結されることになるようだ。

ヨーロッパをつなげる

今回の拡張計画は1年で完成を目指している。新たなルートに関しては、細くて密度の高いハイカウントで損失率が低いファイバータイプで構成され、可能な限り最短距離で敷設される。

同社でヨーロッパを担当するA.Murphy氏は「拡大を続けることで、我々がヨーロッパに注力していることを強調し、それと同時に、わが社のグローバルネットワークにおけるファイバーネットワーク、データセンター、広範な接続性から便益を得ている顧客に対して機会を与えることになる」と話している。

Zayoのファイバーネットワークは延長126,990マイルにも達し、1100か所ものデータセンター、米国・欧州・中東・APAC地域あわせて35000以上の建物を接続している。同社は、世界中でコロケーションデータセンターを50か所以上運営している。

Zayoグループは先月、2つの公社にビジネスを分割する計画があることを公表した。1つは、企業向けのサービスを提供し、これにはネットワークやイーサネット、SONETを包括している。もう一方は、通信インフラ向けで、Fiber Solutions and zColoという名称で、光ファイバーとデータセンター事業を集約する。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です