EUの研究者、VCSELとシリコンフォトニックスによって高速で効率的なインターネットの実現を目指す

将来性

EUから資金援助された研究者らは、長波長・高容量通信を開発するために、垂直共振器面発光レーザ(VCSEL)をシリコンフォトニックスに組み込もうとしています。

この技術によって、メトロポリタンエリアネットワーク(MAN)の伝送速度は最大112Tbpsを実現するかも知れません。VCSELは既にデータセンター内で利用されていますが、今はデータを短距離接続で送信する場合のみ利用されています。

情熱プロジェクト

EUの研究者グループ「PASSION」は、EC欧州委員会のHorizon 2020プログラムとPhotonics Public Private Partnershipから資金援助を受けています。

PASSIONを構成するパートナーは、ミラノ工科大学、SM Optics、CTTC、Telefonica、VLC Photonics、アイントホーフェン工科大学、Effect Photonics、VTT、Vertilas、OpSys Technologies、EPIC、NICT、ETRIそしてChemOptics、以上14の企業および研究機関です。

「VCSELは最近の業界流行語」とプロジェクトコーディネーターのP・ボッフィ氏は言います。「VCSELには、低い駆動電流、高い光力変換効率そして高い指向性という利点があります。これにより、大容量のデータを低コストかつエネルギー効率良く送信する最適な選択肢となるのです」

「PASSIONの研究者は、集約された記号に基づき、都市圏のアプリケーションに最適化された柔軟なネットワークアーキテクチャを開発しています。マルチコアファイバの全波長スペクトルと空間寸法を利用することで、消費電力を10倍削減します」

「PASSIONは、革新的レーザ光源に基づいた先進ネットワークアーキテクチャだけでなく、伝送、検知、ルーティングソリューションにおいて新たなのものを生み出すでしょう。これらのソリューションによって、リンクあたり100Tb/s以上の伝送速度と1ノードあたり1Pb/sを超えるスイッチング容量が確実になります」と彼は付け加えました。

VCSELはだんだんと一般消費者向け製品に活用されてきています。iPhoneX上の顔スキャン技術が、その一例です。

– Data Center Dynamics
原文はこちら