EdgeMicroが米国南部でマイクロデータセンターを展開

EdgeMicroは、米国南部地域で3箇所の新しいマイクロデータセンターを展開しました。これは同社初のデータセンター展開となります。

テキサス州オースティンとフロリダ州タンパの施設は今月製造される予定、ノースカロライナ州ローリーのマイクロデータセンターはまもなく稼働します。

エッジ市場にフォーカス

コロラドに拠点を置くエッジコロケーションのスペシャリストであるEdgeMicroは、ラックを最大6架搭載可能なSchneider Electricのコンテナデータセンター設計のライセンスを供与します。 また、各コンテナは8kWの電力をサポートします。事前構築された施設には、バイオメトリック・セキュリティアクセス制御、外部・内部CCTV監視、保護された電源、冗長冷却が含まれています。

「今後更に多くのサイトが稼働していく」と、EdgeMicroのセールスVPのJason Bourg氏は言います。

「EdgeMicroは業界のリーダーと協業し、これらのモジュラーデータセンターを顧客のIT戦略における重要な部分にしていきます。今回の初期サイトから、今後数百か所への拡張を計画しています。」

– EdgeMicro

「人々は「エッジ」がいつ軌道に乗るのか疑問に思っています。それは今ここにあり、顧客と協力しながらそれを現実化していけることを誇りに思います。」

Data Center Dynamics

原文はこちら