H5、相互接続サービス強化に向けてコロケーション施設を買収

25以上のネットワークにアクセス可能なコロケーションデータセンターを提供

アメリカの コロケーション 事業者であるH5 Data Centersは、テキサス州のサンアントニオに位置する、85,000フィート(約7,900㎡)のキャリアホテル(コロケーションセンター)を買収しました。
この施設は、以前はAT&Tの中心オフィスから少し離れた位置にある ISP のTaylor Telecom社(旧Taylor Telephone Cooperative)が所有していたもので、当市最大の IX :相互接続地点とも言われていました。

H5はこの設備をエッジデータセンターとして再利用する計画を進めており、現在は、施設内へラックを増設しているところです。

ネットワークについて

100 Taylor Telecom Center
– Google Maps

H5は民間企業であり、アメリカの都市アルバカーキ、アッシュバーン、アトランタ、シャーロット、シンシナティ、クリーブランド、デンバー、フェニックス、クインシー、サンノゼ、サンルイスオビスポ、そしてシアトルのデータセンター構内に2,000,000 ft²(約19万㎡)を越えるホワイトスペースを所有しています。

最近の買収では、サンアントニオにある唯一のキャリアホテルであり、これがテキサス州における初めての投資となりました。
この施設は100Taylor Streetに位置しており、このデータセンターからはCenturyLink, Logix, TeliaやWindstreamなど、25を越えるネットワークキャリアへアクセスすることが出来ます。

当社によると、この施設は、遠く離れた西の地域から、東はヒューストン、北はダラス、南はラレドやマッカレンを繋ぐ、重要な接続地点となります。
敷地内は、ハリケーンや地震、洪水などの自然災害のリスクがほとんどなく、大きな発展の機会となることが期待できます。

H5 Data centerのCEOであり設立者であるJosh Simms氏は
「私たちのエッジデータセンターにおける地位は、アメリカ全土で高まってきています。H5データセンターは、今後も100Taylorにある既存の接続システムの基盤上に新しい設備を構築していく予定で、直近では、100台以上のラックスペースを構築する予定です。私たちは、国際通信キャリアとコンテンツ配信ネットワーク、更にはクラウドサービスの提供者との間で連携できる機会を提供したいと考えています。」

今年の初め、H5は商業地区であるアトランタの巨大施設を、更に拡大すると発表しました。新たな22,000平方フィート(約2,000㎡)の土地には、データセンターが設置される予定です。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です