NEC、キャリアネットワークの最適化のためにAIを構築

トランスポートネットワーク向けの高度なパフォーマンス分析は、今年後半に開始される予定

日本のIT大手NECはキャリアネットワーク事業者のための人工知能ベースのサービスに取り組んでいます。
トランスポートネットワークの高度なパフォーマンス分析は、 AI を使用してネットワークサービスの効率を高め、在庫を最適化し、容量計画の決定を簡素化します。

このサービスは、2018年半ばに利用可能になる予定で、2月26日から開催されるバルセロナのモバイルワールドコングレス(Mobile World Congress)で展示されます。

インテリジェントネットワーク

今日の市場では、キャリアは数十万のネットワークデバイスを管理しなければならず、膨大な量のログデータが生成されます。 Advanced Performance Analyticsサービスは、サービス配信を合理化するためにAIを使用してこのデータを分析するように設計されています。

NECによると、このサービスは、早期試行で少なくとも97%のAIアルゴリズムを使用して、将来の通信トラフィックの正確な予測に基づいてネットワークデバイスの需要を見積もることができます。これにより、顧客は、見積もられた需要、現在の在庫レベル、およびリードタイムに基づいて注文を行うことによって、在庫を最適化することができます。

このサービスは、2〜3ヶ月前にパケット損失を引き起こす可能性のあるデバイスを予測し、それらのデバイスを維持する優先順位を提案することによって、サービス品質を向上させるのにも役立ちます。

同社は、現在までに500以上のAIプロジェクトに携わってきたAI分野にかなりの専門知識を蓄積してきました。

NECのトランスポートソリューション部門担当副社長池永勤務は、「NECは複数の通信事業者と協力してすでにこのサービスを検証しています。

「NECは、AITOMSSDN を介して問題の原因を分析し、ネットワークを最適化することでサービスを拡張し、IoTと5Gの時代に先駆けて高度なネットワークの自動運用に貢献することを目指しています。

– Data Center Dynamics
原文はこちら