Sanminaが許容荷重2,000kgのサーバーラック開発

アメリカの電子機器サービスプロバイダーであるSanmina Corporationが、最大4500ポンド(約2040kg)の許容荷重を誇るITサーバーラックをリリースしました。「Rack IQ HD」という名称で、標準的な19インチのサーバーラックに対応します。

Sanminaの機械システム部門でVPを務めるHossein Saadat氏は、

「今後、より 高密度 なコンピューティング製品やストレージ製品がサーバールームやデータセンターでは使われるようになります。IoT技術が成長すればするほど、より精巧に設計された産業設備/機器が生まれるでしょう。計算処理量は、従来のITラックでは対応しきれなくなるはずです。」

– Sanmina

「今回発表したサーバーラックは、これらの難題に対処するべく許容荷重4500ポンド級のITラックとして認証されました。近年、サーバールームやデータセンター担当者を悩ます問題の一つである”荷重”に対し、将来の要請にも応えるITプラットフォームを供給します。」

SanminaはOEMメーカーと協力しており、Rack IQ HDは顧客の要請に応じてカスタマイズすることも可能です。定格では幅600mmで、ISTA 3Bに準拠し、 NEBS規格でZone4の耐震強度を持ちます。

Data Center Dynamics

原文はこちら