Tencent、BMWの自動運転車シミュレーション用に中国でHPCデータセンターを建設

Tencent社は、ドイツの自動車会社BMWのために、中国の天津に高性能コンピューティングデータセンターを建設する予定です。

China High Performance D³と呼ばれる施設が、高度(レベル3)および完全(レベル4)の自動運転車の開発に使用される予定です。

人間よりも良くなる…最終的には

「我々の究極の目標は、より優れた自動化によって、自動車を人間の運転よりも安全にすることです」とBMWの自動運転担当シニアバイスプレジデントのアレハンドロ・ヴコチッチ氏は述べました。

「安全は私たちにとって最も重要です。したがって、シミュレーション、テスト、検証のために大量のデータを処理する必要があります。中国におけるD³ (Data-Driven Development)プラットフォームの立ち上げは、この方向性に沿う我々にとって次の大きなステップです。」

Tencentが、この施設のITアーキテクチャ、ツール、そして「プラットフォーム」を提供する、と両社は述べています。Tencent Cloud&smart Industryの社長 Dowson Tong氏は、次のように述べています。

– BMW

「TencentとBMW Groupのコラボレーションはここ1年ほどで深まり、BMWは クラウドコンピューティング 、 ビッグデータ 、セキュリティ、 AI の分野におけるTencentの技術力を認めています。両社間の継続的な深い協力関係により、中国のテクノロジー企業と国際的な自動車企業間の新しいモデルや 協力のベンチマークが作られるでしょう。

「我々はまた、中国国内において、国際的な一流自動車会社のローカル化に対し多くの支援を提供できることに喜びを感じています。」

データセンターの詳細は明らかにされていませんが、BMWはすでにミュンヘン近郊で同様のD³施設を運営しています。このサイトは230ペタバイトのストレージ容量、10万コア以上、200 GPU以上のスペックを誇っています。

BMWは2021年までに自動運転レベル3の半自律型自動車を発売する予定です。

中国の自動運転車用データセンターの発表は、製造長のOliver Zipse氏が今年8月にHaraldKrüger氏の次期CEOとしての就任を発表する翌日に予定されています。これは、電気自動車へのシフト、モビリティへの新しいアプローチ、そして自動運転技術の立ち上げによって、貿易戦争で生じた利益の減少を逆転させる目的です。

Norbert Reithofer会長は、次のように述べています。「彼はモビリティの未来を形作ることで、BMWグループに新たな勢いを与えるでしょう。」

元BMWの役員はニューヨークタイムズ紙にこう述べています:「生産に関する専門知識は重要です、しかし、GoogleやAppleのハードウェアプロバイダにならないようにしたい場合、食物連鎖をデータとソフトウェアに移行できるような能力が必要です。」

一方、中国では

BMWの新しいパートナー、Tencentは、中国のいくつかの競合に遅れをとっています。特にBaiduは単独で、既に多くの中国製の自動運転車を走らせ、2018年だけでも北京で140,000キロメートルの走行実績を記録しました。

同社は BMWを含む135社以上のパートナーと共に、Apolloとして知られるややオープンなプラットフォーム上で「自律運転車業界のAndroid」を構築することを望んでいます。

Tencentは他社に追いつくために様々な努力をしています。同社は2017年にTeslaの5%株式を17億8000万ドルで買収し、Guangzhou Automobile Groupと提携してインターネットに接続された「スマートカー」の開発を発表しました。更に昨年、シリコンバレーに自動運転研究施設を開設しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら