Equinix、61期連続増収

コロケーション大手のEquinixは対前年比で18%の増収

Equinixは2018年第2四半期の収益を12億6200万ドルと発表しました。これは第1四半期より4%の伸び、対前年比で18%の増です。この結果、昨年の10億ドルの収益を超え、61四半期連続の増収を記録したことになります。

小売コロケーションおよび相互接続サービス事業者であるEquinixの純収益は、2018年第2四半期には6,800万ドルに達しました。これには、Infomart Dallasの買収に投じた8億ドルが主な要因の買収経費3,000万ドルと債務償還費1,900万ドルが含まれています。

前進

過去3年間、Equinixは積極的なM&A戦略を推進してきました。MetronodeやVerizonの大規模なデータセンター事業を獲得し、オーストラリアでの顕著な事業拡大と米国におけるプレゼンスをさらに増加させました。今日では、世界4大陸で、200ものInternational Business Exchange (IBX)データセンターを操業しています。

Equinixは過去にアムステルダム、コロラド州デンバー、ロンドンの自社キャンパスを拡張しました。さらに32件の拡張プロジェクトが進行中で、その中には、オマーンに開設する第1号データセンターも含まれています。

先日、DCDとのインタビューで、EquinixのEMEA地域社長E・シュワルツ氏は、Equinixは今後5年間にわたり、合併・買収に加え、「拡大、成長、そして発展」に100億ドルを投じる計画だと語りました。

クラウドコンピューティングやハイブリッドIT領域における成長に向けて準備していると示唆しながら、Equinixの第1四半期の相互接続サービス事業の売上はコロケーション事業の売上を上回る高い割合で増加しました。

Equinixは自社の中核的事業として相互接続サービス事業を掲げていますが、これはInfomart Dallasのコロケーションセンターを買収したことに現れています。加えて、近年Equinix Cloud Exchange Fabricというサービスを導入し、1地点から複数地域にある複数のクラウドへのアクセスが可能になりました。

これはEquinixのコロケーション事業が苦戦していると言うことではありません。シナジー報告によると、今年の第1四半期、グローバルコロケーション市場におけるEquinixのシェアは13%を占めています。Equinixのライバルは、マーケットシェア約8%のDigital Realityや6%のNTTくらいでしょう。

第3四半期の成長は鈍化し1桁台になるとEquinixは予想しています。2018年度全体では対前年比で16%の増収の見込みです。

– Data Center Dynamics
原文はこちら