Colt DCSが25MWのフランクフルトDCを開設

同社のドイツで4番目のサイト

英国を拠点とするコロケーションおよびクラウドコネクティビティ企業であるColt Data Center Servicesは、ドイツのフランクフルトに新しいデータセンター施設を開設します。同市では二番目のサイトとなります。

25MWのデータセンターは86,000平方フィートの敷地に16のデータホールを誇り、第1フェーズが2020年の第4四半期までに完了する予定です。

サイトの起工式で、 Colt DCSの最高経営責任者(CEO) であるDetlef Spang氏は、当データセンターで20名の雇用と、プロジェクトにおよそ1億ユーロ(1億120万ドル)を投資する予定であると発表しました。

またSpang氏はプレスリリースにて、「ヨーロッパ大陸の最も重要なデータハブの1つとしてフランクフルトの評判は高まり続けています。これはデータセンターにとって非常に魅力的な状況です。マーケット需要は非常に高く、土地の購入は全く問題になりません。

– Colt

「フランクフルトの難点の1つは、安定した電源供給が可能な土地を調達することが難しいことです。幸いなことに西フランクフルトの我々の新しい施設には、すぐ隣に変電所があり、他のいくつかのサプライヤも近くに存在します。これにより信頼性の高い冗長電源へのアクセスが可能となります。」

Coltの西フランクフルトデータセンターは、同市内にある既存の施設、およびベルリンとハンブルクにあるデータセンターに続き、ドイツでは4番目のサイトになります。

Coltが市内中心部近くのグリーンフィールドの土地を取得した後、 2016年に 同社の最初となるフランクフルトデータセンターが発表されました。

Data Center Dynamics

原文はこちら