EdgeConneX、北米で50MWの容量を追加

今回の拡張は「堅牢な顧客需要と積極的な技術トレンド」に追随

エッジデータセンター事業者EdgeConneXは、北米全域で少なくとも6拠点の設置面積を拡大し、最大50MWの総電力容量を追加する予定です。この拡張計画には、アトランタ、デンバー、マイアミ、フェニックス、ポートランド、トロントの各都市が含まれています。

エッジは新しい黒

EdgeConneXは、人口密度の高い地域のネットワークエッジにあるデータセンターを専門としています。競合他社とは異なり、エッジをただのマイクロデータセンターとしてではなく、あらゆる規模のサイトの集合体として理解しています。

エッジコンピューティング は、通常、土地が安い郊外に開設される従来のコロケーションやクラウド施設とは異なり、電気網や水道設備には圧力がかかりません。

レイテンシIoT 、自動運転車、バーチャルリアリティなどの技術開発の根拠となっているため、エッジコンピューティングに対する需要が高まっています。

2009年の会社創設以来、EdgeConneXは迅速な導入戦略を追求してきました。今日では、北米とヨーロッパの40か所でデータセンターのネットワークを運営しており、最近では南米で自社初の施設を建設しました。同社はまた、小規模市場で3,000以上のPOPを保持しています。

CEOのR.ブルックマン氏は次のように述べています。「私は、ユーザーからエッジ展開に対する絶え間ない要望が見られることを非常に嬉しく思っています」

「5年以上にわたり、私たちはサービスプロバイダー業界向けに エッジデータセンター を建設し、多様な顧客エコシステムで構成された、活気に満ち、ローカライズされたサービス提供プラットフォームを構築してきました。北米で展開されている近頃の拡張トレンドが示しているように、堅調な顧客需要と積極的な技術トレンドを踏まえて、Edgeの成長はまだしばらく続くと予想しています。

-Data Center Dynamics
原文はこちら