NTTコム London1データセンターの外壁が完成

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)が現在英国ロンドン東部のダゲナムに建設中の新データセンター「London1」の外壁が完成しました。

DCDは先週このサイトを訪問しました。まるで第一次大戦の戦場を思わせる泥だらけの場所に建築された施設の外観は背が高く、緑の色合いで塗装されていました。

巨大施設

完成すると、London1は54,000㎡の敷地面積をカバーします。 サイトはロンドン市内中心部から約20 km、ロンドンインターネットエクスチェンジ  (LINX) から16 kmほど離れたLondoneast-UKビジネスパークに位置します。 全ての完成時には キャンパス全体で25,600㎡のITスペースと60MW以上のIT負荷のサポートが予定されています。

データセンターは、建物の複数のセグメントにまたがる従来型のリテールおよびホールセール双方の顧客向けのスペースが提供される予定です。開発されるLondon1は顧客の契約状況に応じて段階的に4つのホールが構築されます。機器やシステムは需要の増加に応じて徐々に導入されます。

NTTコムのGlobal Data Centers部門の最高戦略責任者であるJohn Eland氏は、現場事務所でこの開発についてコメントしました。NTTは、このサイトにどれだけ投資したかについての大まかな数字を聞かれると恥ずかしがる、と彼は言います。「計画の規模からは間違った結論になると思う。データセンターの総ワット数から数字を引き出すことができるでしょう?」

ロンドン自治区のバーキングとダゲナムの地方自治体は、プロジェクトの費用はおよそ15億ポンド(約2,140億円)相当であると予測しています。

London1のサイト外観 – Alex Alley/DCD

NTTコムは2018年に London1の建設の許可を受けました。当時、評議会のリーダーである Darren Rodwell氏は次のように述べていました。「データセンターはバーキングを意味し、ダゲナムはロンドンのデジタル主導の経済を21世紀まで十分にサポートことができるだろう。 」

「この開発は、建設作業員や大工からデザイナー、映画やテレビのプロデューサーに至るまで、あらゆるレベルの地元の人たちに多くの仕事をもたらすだろう。」

未開拓地域

サイトの潜在的な便益の理由で、NTTコムはこの場所を選んだようです。 ロンドン市はコロケーション需要が「飽和」しており、ダゲナムの周辺地域に移動することで、ロンドン東部を経済的に再生する地方自治体のプロジェクトと共にポジショニングを確立できる、とEland氏は述べます。その地域がより豊かになり、今後企業がそこに移転してきた場合、London1規模の地域データセンターが恩恵になることをEland氏は期待しています。

彼は次のように述べています。「我々のスラウのセンターはLINXから35km離れているが、ここは16kmの近さ。これは非常に理にかなっている。また、ここには十分な電力と土地がある。」

「この新データセンターは、成長を続ける我々のグローバルデータセンタープラットフォームの基盤となる。これは最初の構築フェーズの終わりに過ぎない。データセンターのコア部分が完成し、顧客のワークロードが稼働を始める数か月先が楽しみだ。」

London1のUPSおよび発電機システム – Alex Alley/DCD

また、London1は、スラウやヘメル・ヘムステッドの他の5箇所のNTTデータセンターと連携します。これらのデータセンター全体で110MW超のIT負荷をサポートします。

ダゲナムにおける構築は、NTTコムの広範な拡張計画の一部です。同社は先週、大阪第7センターを発表しました。この施設は12月1日にオープンし
、京都や神戸などの主要都市をカバーする大阪府茨木市に建設されました。

London1と同様、大阪第7の第1フェーズでは3,800㎡のITスペースを提供し、最終的に需要に応じ9,500㎡、4,200ラックまで拡張されます。

Data Center Dynamics

原文はこちら