アイルランドのAthenry市民、Appleのプロジェクトを支援するデモ行進

最終決定までの日数

アイルランドのゴールウェイでAppleが計画しているデータセンター賛成派の最初のデモから約11カ月が経ちました。数百人の地元住民が、再び、市民団体「Apple for Athenry」に参加してAppleを支援しました。このプロジェクトは1年以上、繰り返し引き延ばされてきました。

9億9800万ドル、面積24,000㎡に及ぶ開発の最終決定は10月12日に予定されています。このプロジェクトは、2015年に最初に承認されましたが、2人の住民が、建設計画の許可、施設のエネルギー使用量、環境への影響、そして、地域にそれほど多くの雇用を生み出さない可能性があるとして訴訟を起こしました。

行き詰まり

司法審査は早急に行われました。Appleが6ヶ月以内に明確な判決が出ることを望んでいるとコメントを出しましたからです。そうでなければ、18ヶ月はかかっていたでしょう。それでも判決は2回延期されました。まず裁判官が不足したこと、次にアイルランド高等裁判所の夏季休暇が理由です。

地元住民は、地域経済の沈滞と雇用機会の少なさをよそに、プロジェクトが非常に多くの挫折をしてきた事実に不満を表明するためにデモ行進に加わりました。

Apple for AthenryのP.キーン氏は、この市民活動が「裁判官の判断に影響を与えることはない」と公表しました。P.キーン氏は「反対者は計画プロセスの基本」と言いましたが、いまの計画の遅延は、政府の計画システムに対する広範囲な懸念、つまり大きなプロジェクトを無期限に延期することができるという点で欠陥があるとも述べています。

「アイルランドと西アイルランドは心の底から投資を必要としています。しかし、海外投資会社からのフィードバックを見ると、Atherny市民はAppleの開発には反対していると感じているそうですが、それは事実ではありません」とP.キーン氏は語りました。

-Data Center Dynamics
原文はこちら