MC Digital Realtyが大阪第2センターを開設

日本で4番目のデータセンター

MC Digital Realty(MCデジタル・リアルティ)が大阪の二番目のサイトであるKIX11を正式にオープンしました。 同社のウェブサイトによると、この施設は6月30日に竣工、7月1日以降に運営開始とのことです。

4階建て28MWの設備であるMC Digital Realtyの大阪第二センターは、247,000平方フィートのスペース、 Tier III基準に準拠して構築され、そして免震システムで補強されています。

大阪サイトの拡張

同社によると、この新データセンターは、既に大手クラウドプロバイダとの数メガワット、複数年にわたる契約で押さえられているという。

Digital Realtyと三菱商事の50/50の合弁会社であるMC Digital Realtyは、現在、日本に4つのデータセンター(東京に2サイト、大阪に2サイト)を運営しています。 2017年に両社が18億ドルの契約を結んだ際には、今後日本国内に10サイトのデータセンターを建設すると発表されていました。

MCDRの大阪城 – MCデジタルリアルティ

同社は最近、2021年までに36MWの新たな施設を建設するために東京近郊に217,000平方フィートの土地区画を購入しました。

合弁会社設立の2年前にDigital Realtyが大阪に最初のサイト(KIX10)を開設した際、サイトに隣接する土地を購入し、 2番目のデータセンター(KIX11)の建設については既に発表していました。

大阪第一データセンターは、7.6MW、93,000平方フィートの小規模なサイトでした。

サイトは、大阪中心部から20km離れた場所にあり、地震や洪水のリスクを軽減するため標高656フィートの高台に建設されています。

Digital RealtyのCEOであるBill Stein氏は、次のように述べています。「KIX11の完成は、日本における当社の成長と、三菱商事とのパートナーシップの大きな可能性を実現するための重要な第一歩となります。 」

Data Center Dynamics

原文はこちら