DC ASIAとシュナイダーエレクトリック、エッジコンピューティング向け空調機の販売発表

 DC ASIA とシュナイダーエレクトリックは、シュナイダーエレクトリックの小規模サーバールーム向けの局所空調機「InRow SC」に関する販売・保守パートナー契約を締結し、2019年4月1日より販売を開始すると発表しました。

 「InRow SC」は、データセンターやサーバールームのITラック列内に組み込む局所冷却「InRow」シリーズの中でも、ラック1-10本程度の小規模サーバールームに適した冷却能力を備えたモデルです。室外機が不要なため、配管工事など既存サーバールームの大幅な改修工事をおこなうことなく、熱だまりの解消や空調効率の改善が可能です。

 昨今のIoTやAIなどの発展によりデータ活用が進むなか、通信の遅延や情報セキュリティの観点から、利用者やデータ発生端末の近くでデータ処理を行う「エッジコンピューティング」の重要性が再認識されています。その、「エッジコンピューティング」のシステムが設置されるサーバールームでの需要を見込み、このたび、DC ASIAが「InRow SC」を日本国内で先行して販売をすることとなりました。

 今回のパートナー契約を機に、DC ASIAとシュナイダーエレクトリックは両社の知見をいかし、サーバールームの安定運用、エネルギー効率化、運営効率化に貢献します。

DC ASIAは、オフィス移転を計画されている企業や、クラウド化が進んでラックの統合や整理を計画する企業などを対象に初年度50台の販売を目指します

– DC ASIA / シュナイダーエレクトリック

プレスリリースの詳細はこちら