シュナイダーエレクトリックがギャラクシーVS三相UPSを発表

リチウムイオン電池がデータセンターでますます一般的に

今年のDCD>ロンドンカンファレンスで、シュナイダーエレクトリックは最新の UPS を発表しました。

「Galaxy VS(GVS) 3相UPS内蔵スマートバッテリーモジュール」は、中国と日本を除く世界中で利用可能です。

10-50kW のこのUPSは、シュナイダーとしては初の内蔵スマートバッテリーモジュールを付属するシステムです。

「GVSの旧バージョンに、リチウムイオンかVRLAの外部バッテリの接続を可能にしました。この新バージョンはUPS内に新しいスマートバッテリモジュール用のスペースがあります」とシュナイダーエレクトリックの広報担当者は DCD >ロンドンにて説明しました。

「新しいスマートバッテリーモジュールは柔軟かつ、自由に構成が可能で、高密度で冗長性があります。すべてのバッテリーモジュールが負荷をサポートするため、個々のバッテリーが単一障害点( SPoF )になることはありません。」

– Schneider Electric

シュナイダーエレクトリックの 三相ライン事業部門VPのクリストファー・トンプソン氏は、次のように付け加えています。「その優れた効率性と内蔵スマートバッテリーモジュールを持つ最新のGalaxy VSは、さまざまな環境、特にエッジコンピューティングや重要インフラにおいて、エンドユーザー、ディストリビューター、パートナー、インテグレーターにとっての革新的で柔軟な選択肢となります。」

この新製品は、4月に競合のVertiv が発表した、独自のバッテリー管理システムを初搭載したリチウムイオンバッテリーキャビネットに続く発表となります。

Data Center Dynamics

原文はこちら