【特集記事】「オッケーグーグル、データセンターを冷却して」

本記事は、2018/8/28に米国Motivair社によって配信された記事です。
高密度化が進むデータセンターにおける、Google社の人工知能を利用したシステム効率化への取り組みや、人工知能と冷却システムがどのように変化していくのかが述べられています。

 


8月17日、Googleは自社の所有する複数のデータセンターの冷却を、AIのアルゴリズムによる調整へ切り替えたことを明らかにしました。(TechCrunch記事より)

Motivair社のCEOであるRich Whitmore氏は、この動きは、データセンター市場にとって至極妥当なものと認識されるべきと考えており、すべてのシステムとまではいかずとも、将来的に液体冷却が広く採用されるだろうと考えています。

Source: Motivair Corp.

「人工知能の普及により、ソフトウェアは最先端のコンピュータハードウェアを必要とするのは明白で、同時にハードウェアは、最新の冷却装置を必要としています。すべての装置は相互に作用しており、電力と冷却でサーバーは動き、サーバーがAIを動かしています。システム全体がうまく働きかけ合わなければ、何も動くことは無いのです。」

Tech Reviewによると、Googleはこれまで、電力消費を抑えるために冷却装置に関わるファンや換気、その他の機器を最適な状態に保つためのアルゴリズムをテストしてましきた。

レポートでは、Googleのアルゴリズムは、長年システムを導入するか決めかねていたデータセンターの責任者に対して、同社の冷却装置を利用することで、電力を40%近く削減することにつながると証明する際に用いられてきました。

Deep Mind社は、2014年に、Google社によって買収されたロンドンに拠点を置く人工知能を取り扱う企業で、AI研究の傍ら、2016までさかのぼってターンオーバーのプロジェクトに参画してきました。

人工知能を様々な仕事のシナリオを通じて育成することが可能で、データセンターのダイナミズムを理解し、効率性を最適化させるフレームワークを構築させました。

データセンターで利用される一次資源のひとつが冷却材である

この冷却材は通常ポンプ、チラー、冷媒の分配装置やチルドドアといった大規模な産業機器を通じて届けられます。

データセンターにおけるエネルギー消費は、差し迫った問題となっています。

2016年にアメリカのローレンス・バークレー・ナショナル・ラボラトリーのエネルギー部門がだしたレポートでは、2014年の時点でアメリカのデータセンターは一時間当たり約700億キロワットの電力を消費し、これは国全体の電力使用量の1.8%にあたるとしています。

同レポートでは、新設されたデータセンターでのエネルギー利用量は、効率性の向上によりかなり改善はされていますが、2020年には合計で一時間当たり730億キロワットの消費になるとみられています。

一方で、アルゴリズムがシステムを動かすとはいえ、人間が調整し、アルゴリズムがリスクのある行動に出ようとしたときは、介入することも可能だとされています。

“Googleは、自社のコンピュータシステムの未来と、いかにしてそれをコントロールするかを世間へと示し、液体冷却の発展のために行われてきた時間と投資を意味のあるものにしました。” とWhitmore氏は付け加えた。

◆関連記事を読む
 「冷媒」を取り巻く事情から、データセンターの変化を考える
 現代の高負荷・高密度データセンターを考える

– Motivair Cool News
原文はこちら
———————————–

DC ASIAは、Motivair社のパートナーとして、高密度インフラへの液体冷却ソリューションをご提供しています。本記事や、Motivair社へご興味のある方がいましたら、お気兼ねなくお問合せ下さい。
Motivair社製アクティブ型リアドア空調 – ChilledDoor
お問い合わせは株式会社DC ASIA

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です