ストックホルムのMultigridの5MWデータセンターで廃熱利用

地域の暖房システムを利用する開発も

最近できたMultigridと呼ばれるデータセンター事業の最初の施設は、現在ストックホルムに建設中ですが、サーバーの廃熱を回収して売ることに重点を置いています。
この5MW施設はストックホルム・データパークの一部となる予定です。そのデータパークは、2017年1月に開始された政府支援イニシアチブで、町の暖房需要の10%を最終的に供給することが期待されています。
Multigridによると、この施設は、IT負荷のkWhあたりの正味エネルギーコストを€0.03(約3.9円)にする、欧州主要都市の最初のデータセンターになるそうです。

CEOのM.ガンズラント氏は、「キスタ地区に建設するMultigridの新しいデータセンターは、従来の施設よりも少なくとも50%効率的になることを期待しています」と語りました。

アンチ廃棄

Multigridは、ストックホルムにデータセンターを建設して運営するという特定の目的で設立されました。この施設はストックホルムの拡張地域の暖房システムに利用可能で、ユーザー数が同規模程度の同種のシステムの中では世界最大のものです。

同社の経営陣には廃熱の再利用の経験を持つ業界のベテランが2人含まれています:ガンスラント氏は地元のユーティリティ会社FortumVärmeの類似プロジェクトに従事していました。副社長のG.ベルクイスト氏はバンホフ社のCTOでした。バンホフはスウェーデンのデータセンター運営企業で、数年間、熱エネルギーをFortumに数年間供給していた会社です。

Multigridの次のデータセンターは、ストックホルム・データパークとして開発される4地区から、最初のキスタ地区に建設される予定です。イニシアチブは、ストックホルム市、エネルギー供給企業のEllevio、ネットワーク企業STOKABとFortumVärmeによる共同プロジェクトです。

「キスタ地区は大規模なデータセンターにとって非常に魅力的です」とガンスラント氏は述べています。「キスタ地区は北ヨーロッパ最大のIT企業クラスタです。大規模なデータセンターと魅力的なエネルギー価格との組み合わせは非常に特徴的です」

Multigridによると、フル稼働では、年間10,000万kWhの熱エネルギーを供給することができ、これは住宅を10,000暖房するに十分な供給量です。この施設は2019年1月1日にオープンする予定です。
ストックホルム・データパークには、他にもInterxion、ファッションチェーンH&M、ボーダーライトなどが入っています。ボーダーライトは廃熱回収に焦点を当てた新しいデータセンター事業です。

スウェーデンは2016年にデータセンターで使用される電力にかかる税金を97%カットしました。これにより、データセンター開発者にとっては、さらに魅力的な国となったようです。

– Data Center Dynamics
原文はこちら