Schneider Electric、小型データセンター”HyperPod”を発表

SchneiderのK.ブラウン氏:コロケーションサービス事業者には、データセンターの混乱を招くことなく簡単に展開できる封じ込め機器が必要

2017年11月、Schneider社は、「HyperPod」システムを発表しました。HyperPodシステムは、電力や冷却、配線、ソフトウェア管理、熱封じ込めなどの機能が統合されたラックシステムで、データセンターのエネルギー効率を高めるためのソリューションです。
SchneiderのIT部門CTO、K.ブラウン氏は、同社がいかにこの製品を設計したかについて、次のように語りました。
「5年前、データセンターの中を歩き回ってみました。その時分かったことは、封じ込めはちゃんとやればデータセンターのエネルギー効率にとって重要なインパクトになること。同時に、まだ十分な配備がなされていないことにも気が付きました。そして私たちは自分自身に問いかけました。なぜしないのか、とね。」

また、データセンターのエネルギー効率が改善にもかかわらず、封じ込めモデルへの移行はデータセンター事業者にとって時間がかかりすぎるだけでなく、混乱を招くということも発見しました。できるだけデータセンターの日常業務に与える影響を最小限にする方法を求めた結果が、HyperPodの開発を推進した理由です。

「上げ底床、普通の床、暖気通路、冷気通路の封じ込め、あらゆる種類の配電と冷却方法で機能するフレームがありますが、HyperPodは、それらの全ての設備の設置を非常に簡単にします」

– Data Center Dynamics
原文はこちら