Stulzが小規模サーバールーム用のECタワー冷却を発表

空調サプライヤのStulz社は、小規模データセンターやサーバールーム向けの柔軟なスプリット空調システムをローンチしました。

ECタワーは、ラック内に室内冷却ユニットを配置し、外壁にコンプレッサー付の室外ユニットを配置し、5kWから24kWの負荷までの冷却能力があります。

チルファクター

Stulzは、このユニットは従来のユニットよりも小型であり、ラック内で動的に変化する熱条件に対応すると言います。

「快適な」エアコンは、除湿に最大40%の冷却能力を使用しますが、このユニットは装置を冷却する目的で設計されており、90%から100%の「実用的な冷却能力」を生み出します。 (すなわち、蒸発を使用せず冷却し、除湿の必要性を減らす)

Stulz 社によると、室内と室外のユニットは最大100mまで離すことができ、システムの柔軟性が高まり、室外ユニットは従来の空調用コンデンサーの約3分の1のサイズになるとのことです。

ユニットは、故障表示や火災時停止などの機能を持ちます。また、迅速な設置ができるように設計されています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

よろしければあわせて以下もご覧ください

小規模データセンターやサーバールーム向けの冷却ソリューション