マイクロデータセンターは、水冷の時代

冷却のスペシャリストであるドイツ空調メーカーStulz社が、アメリカで直冷型水冷技術を有するマイクロDCソリューションSTULZ Micro DCの提供を開始しました。このマイクロデータセンターは48Uラックで、発熱量の60~80パーセントを水冷技術で取り除くことが可能とのこと。(残りの20~40の発熱量は空調ユニットで管理)一般のオフィス空間に導入が可能であり、また、他の冷却機器と連携させながら使用することもできます。また、STULZ Micro DCに加え、水冷リアドアラック”CyberRack“(19kw~32kw)の提供も同時に発表されました。

好みにあった冷却方法を

Stulz社は、カナダのCoolTISystemsと連携し、ラック負荷に応じた3種類のマイクロDCをユーザーへ提供していきます。ユーザーは、水冷システムやサイドマウントの統合型冷却システムなど、Stulz社が提供する冷却ソリューションを自由に選択することができます。高度な冷却技術であることに間違いはありませんが、Stulz社は今回発表したマイクロDCについて「高レベルなデータセンターだけに提供するものではない」と述べています。
このマイクロDCで利用する直冷型水冷は、HP、Lenovo、Dell、Huawei、NEC、Intel、SuperMicroをはじめとする主流のサーバーに対応が可能であり、GPU,ARMベースのデバイスにも使用可能、1ラック最大80kwまで対応が可能で、冷水に625wを用します。また、48Uラックの4Uスペースを冷水に使用しますが、残りの44Uはユーザーが自由に使用することができます。サーバーは水冷システムに接続されていてもホットスワップが可能であり、必要な水温は30度、排出される水はビルを温めるのに十分であることが必要です。
この水冷システムは、ラック内の最大120台のサーバーに対応しています。これまでのStulz社の冷却システムは、サイドマウントの48U統合型冷却(水冷、空冷/最大27kw)で、電子制御ファンやマネジメントシステムから独立した状態での管理が可能でした。

水冷システムの時代

エッジゴンピュータや、高性能コンピューター(HPC)需要の高まりによってマイクロデータセンターが出現し、水冷システムはマイクロデータセンターの冷却手段として注目を浴びるようになっています。この背景には、巨大データセンターですでに取り入れられているフロア・空調冷却よりも、水冷システムの優位点を多くのベンダーが指摘していることがあります。
温かい水さえあれば利用できるマイクロデータセンターは、空調冷却よりも導入が容易であったり、一般のオフィスで使用する場合は空調音を気にする必要もなく、更には、埃などが舞う製造業の現場でも利用することができます(参照:Iceotope、持ち運び可能な水冷DC”EdgeStation”を発表

世界の水冷事情

水冷基準に関しては、アメリカではAquila社とClusteredSystems社が水冷基準をOCP基準へと提供しており、デンマークでは高度な水冷技術を有するASETEC社が今年2月に大手データセンターと技術開発で連携、オランダでもAsperitas社が水冷式浸漬システムの展示場を今月からオープンしています。
USA Stulz社のJoerg Desler氏は、「コンパクトなマイクロデータセンターは、どんな環境にも簡単に導入することができるうえ、信じられないような電力使用、性能を実現します。」と語りました。
(参照:2017年版、最新の冷却ソリューション

既存データセンターの皆様へ、リアドア冷却技術

水冷技術を利用したマイクロDCの発表の一方で、Stulz社は既存のデータセンター向けにも、CyberRackという水冷リアドアラック(19kw~32kw)を提供すると発表しました。
データセンター内部の高密度システムを含む42~48Uサーバーキャビネットのバックパネルを熱交換ドアへと置き換えた。ラック内への影響を与えることはなく、ラックの奥行きを30mmほど拡張することで実現できます。CyberRackには最大5台の電子制御ファンが搭載されており、継続的な温度解析や、差圧制御を介してサーバの熱を自動的に制御することが可能です。

-Data Center Cafe
原文はこちら