マイクロ・データセンター

別名エッジデータセンターとも呼ばれ、通常はサーバやストレージ、無停電電源装置(UPS)、冷却装置など、必要なインフラ要素を全て収容したモジュール型のシステムをいいます。IoT(モノのインターネット)機器から大量のデータがデータセンターに送られるようになる中、データをデータソースやエンドユーザーの近くで処理することによりレイテンシを低減するエッジコンピューティング手法があり、マイクロデータセンターはその実現方法の1つとして展開されています。