リージョン

リージョン(Region):直訳すると「領域/範囲」という意味ですが、IT用語としては、 クラウド 事業者のデータセンターの拠点があるエリアを指し、「ヨーロッパリージョン」「APACリージョン」「東日本リージョン」などのように使われることがあります。

例えば「東日本リージョン」といった場合には、クラウド事業者のサーバーやネットワーク機器などは東日本のいずれかのデータセンターに格納されていることを意味します。

リージョンは一般的に「ゾーン」と呼ばれる複数の所在地によって構成されいます。クラウドサービスのユーザーは、自分が利用しているクラウドサービスで使用されているサーバーなどの機器がどのリージョンにあるか、十分なゾーンが存在するかを確認することで、 DR 対策や レイテンシ 予防の対策が行えます。

<関連記事を読む>
クラウドベンダーの覇権争い – Googleもインドネシアにリージョン開設
マイクロソフトがドイツ、スイス、アラブ首長国連邦でAzureリージョンを開始