5Gネットワーク

5Gは、現行の第4世代携帯電話(4G)の上位に位置づけられる次世代移動体通信方式で、2020年以降の商用化を目標に現在標準化と技術開発が進められています。

今後、世界ではインターネット技術の発展や各種センサー・テクノロジーの進化によって、ビルや自動車、小さなデバイスまでもがインターネットにつながるIoT時代が訪れ、2015年~2020年のわずか5年間でトラフィック量は3倍に伸びると予想されています。(Ciscoより)
今までの4G技術では、多くの人が同時にアクセスでき、すぐにインターネットへ接続ができるような環境を提供し続けることは困難となります。そこで日本では、2020年以降の商用化を目指し、2019年から実験を含む5G環境が提供される予定です。

– DCD

5Gの特徴として、高速、大容量、低レイテンシ、多接続などがあげられます。スマートフォンやPC以外にも、自動車やウェアラブル端末、家電製品など無数のデバイスがインターネットへ接続されるようになります。同時に、自動運転は瞬間的なデータ処理が必要となるため、0.01秒の遅れが命取りになる可能性もあります。