DCiE

DCiEとは、データセンターにおいて、IT機器に関するエネルギー効率を表す指標の1つで、データセンター全体での消費電力のうち、IT機器(サーバー、ストレージ、ネットワーク機器など)による消費電力が占める割合を示したものです。
DCiEの値が大きいほど、そのデータセンターのエネルギー効率が良いとされます。平均的には50%程度とされ、効率が高いと70%を超える場合もあります。
データセンターのエネルギー効率を表す指標では、PUE(Power Usage Effectiveness)の方が一般的ですが、DCiEはPUEの逆数をとった値に100をかけ、%で表します。
DCiEは、PUEと同じく、データセンターの省電力化を推進する業界団体「The Green Grid」が開発した指標で、ITベンダーなどで広く使われています。

【各指標の算出方法参考】
PUE = データセンター全体の消費電力 / IT機器による消費電力
DCiE = IT機器による消費電力 / データセンター全体の消費電力 x100(単位:%)