In-Row冷却

In-Row冷却はラック列単位の冷却方式で、IT機器の間に冷却システムを挟み、横のIT機器から発せられた熱を冷却システムが吸い込んで冷却された空気をコールドアイルに供給します。高発熱密度となっている場所に近接して冷却装置を設置することで、熱気と冷気の混合が最小限になるほか、吸気温度が高いほど冷却装置が効率的に機能するといわれます。