OCP

Open Compute Project の略語で、Facebookが2011年4月にサーバーなどの「ハードウェア」の設計図や仕様をオープンソース化(誰でも自由に取り扱える)していく必要性を提唱し、非営利組織として発足したコミュニティです。サーバーやラック、ネットワーク機器などの機器を提供するメーカーや、それらの機器を購入してデータセンターで使用する事業者など、関係者間で情報交換をしながら、業界の標準化、効率化をしていこうというコンセプトのもと活動をしており、MicrosoftやHuawei、Intel、IBMなど世界中の企業が加盟しています。

OCP Japanのホームページでは、「高効率を実現するデータセンターファシリティーの要素 (サーバ、空調、電力等) のシステム仕様を検証し、そのナレッジのオープン化による共有モデルを実現することにより、業界の標準化と高効率大規模データセンターの容易な構築が可能になると考えています。」と説明があります。