ToR

Top of Rack(ToR)は、ネットワークトポロジー概念のひとつで、通常各ラックの中に1台~2台程度のL2スイッチを配置し、そこからラック内のサーバーに配線する方法です。
通常ラックの最上部にスイッチが設置されることが多いため、Top of Rackという名称になっています。
それぞれのラックに配置されたL2スイッチのアップリンクポートはメタルケーブルかファイバーケーブルでルーターあるいはL3スイッチまで接続されます。対義語としてのEoRと比べてのToR方式は、ラック間をまたぐケーブル量が激減する為、ケーブルコストを抑えられたり配線スペースが節約されるメリットがあります。デメリットとしては、スイッチの台数の増加やサーバー間でのL2トラフィックの増加があります。