アイルランド司法、Appleの判決を10月12日まで延期

最新情報:Appleの判決はアイルランド高等裁判所の夏季休暇明け後

アイルランド高等裁判所の夏季休暇により、アイルランド・アゼンリーに950億ドル(850百万ユーロ)のデータセンターを建設するAppleの計画に対する最終判決は、さらに3ヶ月遅れることになりました。地元の支持者たちは、Appleがこのプロジェクトを中止していないと言いますが、10月12日の新しい最終判決を待つことになりました。

デリードネルの500エーカーの森林地帯に広さ24,000平方メートルのデータセンターを建設するAppleの申請は2015年に提出されましたが、計画の遅れや等によって疲弊しています。
今週の判決が期待されましたが、アイルランド高等裁判所の係官と話をした支持者によると、10月12日まで判決が延期されたことは間違いありません。アイルランドの開発局長官は、遅延はもうここまで、アイルランドの計画機能にはもっと「予測可能性」が必要だと声を上げています。

最終判決日

Appleと、データセンター建設計画に反対する抗議者には、裁判所の係官の話によると、まもなく新しい判決日が通知されるでしょう。10月12日には、担当判事は、個人的理由で欠席しない限り、判決を下さなければならないでしょう。

アゼルニーのデータセンター支持者は、今週、今週判決が言い渡されるかどうか裁判所が明確にすることができなかったときには、電話による抗議を計画していました。フェイスブックに「Appleを支持するアゼルニー」を主宰するP.キーン氏はこう述べます。「今週発表されないと住民は怒ります。マスコミ、政治家、宗教家、またはブロガー等とコンタクトをとってください。変化が必要なのです」

裁判所の係官は、以前DCDに次のように伝えていました。「(この訴訟は)金曜日か月曜日に判決が出る可能性がありますが、誰もわかりません」判決はすでに「裁判官不足」によって元々の6月23日より遅れていました。

アイルランド開発局のM.シャナハン氏は、先週、アイルランドの計画機能が予測不可能なためにプロジェクトを失う可能性があると指摘しました。すでにAppleは、デンマークに今年後半に開設予定だったデータセンターを開設しました。これはアゼルニーと同じ時に発表されたものですが、Appleは続いてデンマークに2個目の建設申請を提出したので、こうなるとアイルランドを放棄するかも知れません。

地元紙によると、先週、シャナハン氏は次のように述べています。「公平に申し上げて、我々の計画機能にはより高い予測可能性が必要だと思います」
「我々が必要としているのは成果の予測可能性ではなく、進捗状況とタイムラインの予測可能性です。タイムラインが適切か、遅れていないか、これを確実にしなければなりません。はっきり言って、営利企業は待ってはくれません。そこにリスクがあるのです」

「8億5,000万ユーロのプロジェクトは、アゼルニー規模の町には大きな影響を与えます。発展を望む理由は明らかにたくさんあります」と語りました。

アイルランド高等裁判所の司法審査の日程はこちらです。情報筋によると、Appleはプロジェクトをあきらめていません、判決まで待つでしょう。

-Data Center Dynamics
原文はこちら