365 Data Centers,ロングアイランドのDCを買収

アメリカの クラウドコロケーション 事業者の365 Data Centersは、ITアウトソーシングおよびクラウドサービスプロバイダのmindSHIFT Technologiesから米ニューヨーク州ロングアイランドのコマックにあるデータセンターを買収しました。

同社の12番目の施設となる今回の買収は、ニュージャージー州ブリッジウォーターのデータセンター買収のわずか4ヶ月後に行われた事になります。

残り353

契約の一環として、365とmindSHIFTは、施設の共同マーケティングおよび相互販売契約を締結します。

合計で24,000平方フィート(2,200平方メートル)規模で、2つの「ポッド」と3MWの電力を備えたこのサイトは、容量の80%を新規顧客が利用できます。データセンターは、6MWの商用電源と発電機容量を備えています。

「この新たに構築されたトップティア・データセンターを我々のITインフラ・ポートフォリオに追加出来る事を嬉しく思う。mindSHIFTユーザを我々の大切な顧客としてカウントし、mindSHIFT施設の従業員を我々の施設・サービスの専門家チームに歓迎する。」と365 Data CentersのBob DeSantis CEOはコメントしています。

– shutterstock

「我々の初期の買収では、高い競争力、顧客重視、そしてスケーラブルなビジネスへと変革したプラットフォームを提供することができた。これにより、確約された成長資本が、最近の2件の買収や2020年に実施予定の買収資金になった。ロングアイランドのデータセンターは、ユーザの高密度なコロケーション、ネットワーク、クラウドの要件に応え、そして2020年の我々の内部成長をサポートするだろう。」

mindSHIFTのITインフラおよびサポート部門VPのBob Lamendola氏は、次のように付け加えています。「この新たな展開の中で、mindSHIFTの顧客に業界をリードするサービスを提供し続けることを楽しみにしている。これは、我々が米国内の他の4つのデータセンターで長年適用してきた高信頼性、高い費用対効果をもたらすアプローチと一致する。」

Data Center Dynamics

原文はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください