Apple、アイルランドAthenryの承認がさらに1ヶ月遅れる

Appleが8億5000万ユーロ拠出するデータセンターの建設許可は7月末まで決定を延期

既に相当遅れているAppleが提案した950億ドルのゴルウェイのデータセンターに関する決定がさらに先送りされました。
緑深いデリードネルの500エーカーの敷地内に24,000平方メートル広さのデータセンターを建設する申請は2015年に初めて提出されましたが、一連の課題と遅延に苦しめられてきました。最終期日は今のところ迫っていますが、6月23日に開かれる予定の聴聞会は、「委員不足」のために6月30日まで延期されました。ゴルウェイベイFMによると、聴聞会はさらに7月27日まで延期されたそうです。

Appleは不愉快

Appleの支援グループ、Athenry for Appleは、「失望している」と語りましたが、最終決定は27日に明らかにされるだろうと述べました。

申請が最初に提出された時にはこのような長い遅れは予想されなかったので、2、3ヶ月で承認されました。しかし、この計画に対する反対はずっと途絶えることがなく、計画は法的手続きの遅れに直面しています。抗議は環境問題に基づいていますが、2016年11月にはこの決定を「優遇待遇」させる権利をAppleは勝ち取りました。この決定は18か月の遅れを6ヶ月に短縮するはずでしたが、優遇待遇を発表した時から既に7か月経ってしまいました。

申請されたデータセンターは、稼動時に20メガワットが必要で、150人を雇用する予定です。同社は、配線上の需要を相殺する再生可能電力を提供する予定です。この拠点内には、2031年までに最終的にデータセンター8施設開設することになるでしょう。この場合、反対は2世帯です。

-Data Center Dynamics
原文はこちら