HivelocityがIncero社を買収し、新たにデータセンターを獲得

Hivelocityはダラスにデータセンター、そしてニューヨークとシアトルでの新たなビジネス基盤を獲得

米国フロリダ州に本社を置く コロケーション 事業者Hivelocity社が、テキサスの IaaS 企業Incero.com社を買収しました。これにより、ニューヨークとシアトルにおける新たなビジネス基盤の獲得と、ダラスにはデータセンターを新設します。

買収額は公表されていませんが、今回の取引によって、ダラスとシアトルの2都市に事業対象範囲を拡大するだけでなく、ニューヨークにおけるキャパシティ拡大も進むことになります。
Hivelocityはすでにタンパ、アトランタ、ロサンゼルス、マイアミにビジネス基盤があります。

「わが社の顧客の多くが、9、10、11個目となるデータセンターの開設に恩恵を受けることになり、わが社としても、国内で7つ目の市場となります」と話すのは同社COOのS. Eshweiler氏です。
同士は、サイト同士の専用接続によって、ネットワーク性能が最大化され、自由に、迅速に、そして安全に、地理的に多様なソリューションの中でデータを交換することが可能になると語りました。

Incero社は、顧客が自ら管理する形式のベアメタルサーバーを専門に扱っています。
彼らの顧客に対して、買収後もInceroと同様の価格提携を維持することをEshweiler氏は約束しています。また、それらのサーバーをより多くの市場で展開可能にするだけでなく、管理されたサービスとプライベートクラウドへのアクセス権も得ることになります。

「今後数カ月は、Inceroの顧客に対して、それまで同社で得ていたあらゆる側面の向上」と「彼らのネットワーク、サポート体験を向上させ、最も効率的にオンライン上でのプレゼンスを高めるための選択肢をより多く与えることを目指す」と同氏は語っています。

2002年の設立のHivelocityは、現在では数千の顧客を持ちます。2017年には、ロサンゼルスに拠点を置くRackAlleyを買収し、新たに得たデータセンター2拠点はCoreSite社とDigital Reality社によって運営されています。

– Data Center Dynamics
原文はこちら