Google、サウジアラビア国営石油企業”アラムコ”と合弁会社設立か

データセンター、テックハブジョイントベンチャーについて交渉

議論は初期段階ではあるが、巨大なパートナーシップにつながる可能性があります。Googleの親会社であるアルファベットは、サウジアラビアの国有石油大手サウジ・アラムコと合弁会社設立を検討中とのこと。ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、証券取引所に上場することができるこのベンチャーは、両社が大きな技術拠点で協力し、王国周辺にいくつかのデータセンターを建設することになるといいいます。

砂漠で埋蔵金を探す

アルファベットとAramcoのシニアエグゼクティブは、アルファベットCEOとGoogle共同設立者のLarry Page、関係者と数か月に渡り話し合ってきた。明らかな王位継承者であるムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は、会談を奨励しています。この交渉は初期の段階で、重要な詳細はまだ策定中であり、進まない可能性も現実的には存在します。また、データセンターとその中のデータを誰が管理するのかもまだ不明です。
このベンチャーは、世界的に有名なAramcoとは別に株式取引所に上場される可能性があります。計画が大幅に遅延した後に株式公開された場合、1兆5000億〜2兆ドルの潜在的な評価になる可能性があるとのことです。

一方、Amazon Web Servicesは、同国で3つのデータセンターを立ち上げることを検討しており、WSJは10億ドルの取引が確定していると報告しています。アマゾンとアルファベットの両者は、リヤドが外国投資の規制上のハードルと所有権の制限を緩和し、テクノロジーを採用するための措置をとった後、その目を中東の国家に向けようとしています。

サウジアラビア、テックリーダーへの野望

ムハンマド皇太子は、Aramcoの5%を売却して得た資金の一部を使用して、サウジアラビアを近代化し、テックリーダーに変貌させるVision 2030構想を推進したいと考えています。皇太子は、シリコンバレーとともに国家間の関係を改善しようと努めており、さらにはUberにも投資してきました。ソフトバンクのビジョンファンドの最大の投資家であるサウジアラビア政府は、数十億のテクノロジー株を保有しています。
しかし、ビジョン2030計画は初期の段階にあり、有望な、誇大で潜在的に壮大な、記録的なインフラプロジェクトが混在しています。これらの中で最初のものは、サウジアラビア、ヨルダン、エジプトの国境で計画されている都市、ネオム(Neom)です。シーメンスの元CEOであるクラウス・クラインフェルドが率いるこのイニシアチブは、データ集約型の高度に自動化されたスマートシティを創出し、5,000億ドルの投資を開始することを目指しています。

「Neom」は、人工知能、バーチャルリアリティ、拡張現実技術、データセンター、IoTと電子商取引を含むと述べられています。
しかし国家間のデータ保護の問題については、依然として問題が残っています。サウジアラビア当局は一般的に、西洋のテクノロジー企業にとっての関心事である個人ユーザーデータへのアクセスについては裁判所の命令を必要としていません。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です