GTTがオランダの電話会社KPNを現金5000万ユーロで買収

クラウドネットワーキング・サービスプロバイダーの米GTT Communicationsは、電話会社・ITプロバイダの蘭KPN Internationalを現金で5000万ユーロ(5,600万ドル)で買収の方向です。

この買収は無借金で行われ、規制当局の承認を条件として、今年の第3四半期に完了する予定です。

ヨーロッパ地域での拡張

KPNを買収することで、フランクフルト、ロンドン、アムステルダム、パリの長距離ファイバルートやメトロリングなど、ヨーロッパ 21カ国でGTTのIPネットワークが拡大されます。 GTTはまた、KPNの400社にわたる強力な顧客基盤を獲得することになります。

以前はGlobal Telecom&Technologyとして知られていたGTT Communicationsは、 Tier 1ネットワークを運営し、IPトランジットおよび MPLS トランスポートサービスを100カ国以上の企業、政府機関、およびキャリア顧客に提供しています。 本社は米国バージニア州マクリーンにあります。

昨年の初めにも、同社は英国のファイバーネットワーク事業者であるInterouteを19億ユーロ(23億ドル)の現金で買収しています。

KPNが本社を置くロッテルダムウォーターフロント
– – Creative Commons

GTTの代表取締役社長兼CEOであるRick Calder氏は、次のように述べています。

「KPNインターナショナルの買収は、ヨーロッパ市場における当社の存在感を高めます。経験豊富なチーム、国際的なネットワーク資産、多国籍企業のクライアントなど、世界規模のリソースがこの買収により得られました。」

今年の5月、ロッテルダムを拠点とするKPNは、データセンター部門であるNLDCをドイツ銀行の子会社が運営するファンドに売却しました。 データセンターは、アールスメール、アルメレ、アイントホーフェン、グローニンゲン、 アウデ・メール ( スキポール )およびロッテルダムの6か所のコロケーションサイトで構成されています。

Data Center Dynamics

原文はこちら