Intel、Nervana製品を収束、Habanaプロセッサに注力

Nervana NNP-Tチップは開発中止、その後NNP-Iが続く

Intelは、Nervanaトレーニングチップの開発を中止し、推論チップの開発を終了すると発表しました。

IntelはHabana Labsの買収に20億ドルを投じましたが、今回の動きはより強力なチップを製造するスタートアップ企業への注力シフトを意味します。

Nervanaはnirvana(涅槃)へ

NNP-T AIトレーニングチップに関する全ての開発は終了しましたが、NNP-I推論チップについては、開発終了前に以前コミットした顧客に対して供給が行われます。

これは突然の動きでした。IntelはHabanaを買収する数週間前に新しいNervanaチップを宣伝するプレスイベントを開催していました。 昨年12月16日の買収劇の数日前、インテルはバンクーバーで開催されたNeurIPSカンファレンスでNervanaプロセッサのデモを行っていました。

Moor Insights&StrategyのアナリストKarl Freund氏は、ブログ記事で製品ラインの収束に関する決定について次のように明らかにしました。「Intelは、エンジニアや大規模顧客から、第2世代のNervanaデザイン(コード名Spring HillとSpring Crest)が、高パフォーマンスのワークロードにおいて不合格であったとのフィードバックを受けた。」

– shutterstock

最近のベンチマークテストでは、単一のHabana Goyaチップ(2018年以降)が、リリース前の2つのNNP-Iプロセッサよりも優れた結果であったようです。 Intelは2016年に約4億ドルもの資金をNervanaに投じ、その後、同社のCEOを新設されたAIプロダクトグループの責任者に据えていました。

そのAIプロダクトグループのヘッドであったNaveen Rao氏が以前の会社の製品を収束させる決定に関与していたかどうかは明らかではありません。 IntelはHabana Labsを独立企業として運営すると述べていましたが、Habana LabsがAIグループの一部になるかどうかについても不明です。

Intelが2017年に自動車関連テクノロジー企業のMobileyeを153億ドルで買収した後、同社は独立部門として運営され、その後Intelの自動運転グループと合併しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください